Back
その他 2022/10/25

インタビューを成功させるコツ!事前準備から当日のポイントまで解説

インタビューのコツ

新製品のプロモーションや広報誌の制作など、インタビュー記事の制作はさまざまな場面で役に立ちます。中には「仕事でインタビューすることになったけど、事前準備や質問の考え方がわからない」「インタビューの経験がなく不安」とお悩みの方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、インタビューの事前準備から当日意識すべき会話のコツ、インタビュー終了後のポイントまで詳しく解説します。本記事を読めば初めてのインタビューでも安心して準備を進められるはずです。ぜひインタビューの参考にしてください。

インタビュー成功のために必要な事前準備

インタビューを成功させるためには、リサーチや質問事項の共有などの入念な準備が大切です。以下のポイントを参考に、一つずつ準備していきましょう。

インタビュー相手を徹底的に調べる

まずは、インタビュー相手を徹底的に調べましょう。仕事や趣味、過去の経歴などわかる限りの情報は全て探すつもりで調べるのがポイントです。情報収集には以下のような媒体が活用できます。

  • 過去のインタビュー
  • 書籍
  • 取材対象に関するニュース
  • SNS
  • 人づて

取材テーマに関する内容や現在の活動だけでなく、過去の発言などを多方面から調べることで、相手の全体像をつかむことができます。

掲載先のメディアを意識して質問を考える

次に、掲載先のメディアを意識して質問を考えましょう。インタビューは読者の対象や記事の目的によって大きく変わります。

例えば、企業の社長にインタビューする場合、読者が異なれば以下のように質問内容も変わるはずです。

  • 大学生向けメディア:就職活動に関連した質問
  • 30代のサラリーマン向けメディア:キャリアやマネジメントに関連した質問

このように、インタビューの内容やメディアのカラーを意識して質問をイメージしてみてください。

インタビューの趣旨や質問を事前に共有する

インタビューの趣旨や質問内容がまとまったら、事前にインタビュー相手に共有します。記事のイメージや質問内容がわかるとインタビュー相手も安心して臨めます。

伝えるべきことを言い忘れてしまったり、質問を忘れてしまったりといったミスも防げるので、大まかな形でも共有するようにしましょう。

録音機器を用意する

インタビュー当日は、会話の内容を録音してインタビュー内容を後から振り返るようにします。インタビューはやり直しができないので、確実に録音できるよう2つ以上は用意しましょう。

録音機器はICレコーダーやスマホの録音機能、議事録作成ツールなどを活用します。議事録作成ツールは会話を録音するだけでなく、テキスト化も同時に行える点が便利です。オルツのAI GIJIROKUは月額1,500円から利用できるので、選択肢の一つとして検討してみてください。

当日の流れをシュミレーションする

最後に、当日の流れをシュミレーションしましょう。先ほどもお伝えしたように、インタビューはやり直しができません。当日の流れをイメージして問題点がないか確認することが大切です。

インタビュー当日に意識する5つのコツ

インタビュー当日は、取材対象の方にリラックスして話してもらうための工夫が大切です。

ここでは、インタビュー当日に意識したい5つのコツをご紹介します。それぞれ見ていきましょう。

1:アイスブレイクを入れる

1つ目のコツは、アイスブレイクを入れることです。アイスブレイクはお互いの緊張した雰囲気や堅い空気を緩和させ、話しやすい状態にするためのコミュニケーション手法のことです。

インタビューの最初に取り入れることで初めて会う相手とも和やかな雰囲気で会話を進められます。アイスブレイクの内容は趣味や最近のニュースなどの雑談をはじめ、簡単な自己紹介でもいいでしょう。また、このタイミングでインタビューの企画説明も併せて行います。

2:最初の質問は答えやすいものに

2つ目のコツは、最初の質問を答えやすいものにすることです。最初はインタビュー相手も緊張しているので、回答に迷いそうな質問は避けます。

具体的には以下のような質問がいいでしょう。

  • はい・いいえで答えられる質問(クローズドクエスチョン)
  • 相手が共感できる質問
  • 自分のことを語れる質問

SNSをやっている方なら、直近の発言を確認して質問を考えるのもおすすめです。

3:メモをしすぎない

3つ目のコツは、メモをしすぎないことです。メモしている間は沈黙が続いてしまい、緊張感のある雰囲気になってしまいます。

あくまでも会話していることを忘れず、メモは箇条書き程度に留めておくことが大切です。詳細な会話の振り返りは、ICレコーダーや議事録作成ツールなどの録音機器に任せましょう。

4:リアクションは大きめにする

4つ目のコツは、リアクションを大きめにすることです。インタビューの間は相手の不安や緊張をなるべく減らすことが大切なので、相槌をうったり表情を明るくしたりすることで相手に興味を持っていることをアピールしましょう。

また、話す時の声色も大切です。普段より少しオーバーにするくらいがちょうどいいので、なるべく明るく元気な声で話すよう意識してみてください。

5:質問の深堀りは5W1Hを意識

5つ目のコツは、質問の深堀りは5W1Hにすることです。相手の回答が曖昧な時でも、5W1Hを意識して具体的に掘り下げると重要な内容を得られることがあります。

5W1Hは具体的に以下のような項目です。

  • Who:だれが
  • When:いつ
  • Where:どこで
  • What:なにを
  • Why:なぜ
  • How:どのように

上記にならって質問を深掘りすると「それは、いつから始めたんですか?」「どのように困難を乗り越えたんですか?」などと切り返すことが可能です。具体的な質問だと相手も答えやすくなるので、質問に困った時はぜひ取り入れてみましょう。

インタビュー終了後のポイント

インタビュー終了後は「本日はご協力ありがとうございました」「勉強になりました」などお礼の言葉を忘れずに伝えましょう。

また、終了後のアフタートークも大切なポイントです。アフタートークは比較的リラックスしているため、インタビュー相手も本音を話してくれる可能性があります。インタビュー相手が退席するまでチャンスを逃さないよう意識しましょう。

まとめ

インタビューは事前に入念な準備をした上で、当日は相手との会話を楽しむ姿勢が大切です。今回ご紹介したポイントを参考にしていただき、インタビューに向けて準備を進めてみてください。

当日は録音機器を忘れずに用意することが大切です。オルツのAIGIJIROKUはパソコンやスマホで簡単に会話の録音とテキスト化ができます。インタビューの際にはぜひ活用してください。

議事録の新しいカタチ。ミーティング参加者の会話をテキストで記録&翻訳

  1. 30ヶ国語対応のリアルタイム翻訳
  2. 外国人メンバーとの会話も格段にスムーズ&記録可能

1日50円からはじめられるAI GIJIROKUは、パーソナライズ機能が盛りだくさんで使えば使うほど賢くなっていきます。

AI GIJIROKUを今すぐ試してみる →
AI GIJIROKU

関連記事

その他 2022/11/17

電話会議のメリット・デメリットは?導入の流れとポイントを紹介

「電話会議のメリットやデメリットは?導入する場合は何から始めたらいいの?」会議の効率化を検討している…

その他 2022/11/17

オンラインインタビューのやり方を徹底解説!5つのコツやおすすめツールを紹介

コロナ禍による非対面の需要やリモートワークの普及などを背景に、オンラインインタビューが注目を集めてい…

Company