Back
その他 2022/09/23

ディクテーションの効果的なやり方|正しい方法とおすすめの教材・アプリを紹介

ディクテーション

「ディクテーションって具体的に何をするの?効果はあるの?」英語のリスニングスキルを伸ばしたいと考えている方は、このような疑問を持ったことがあるのではないでしょうか。リスニングスキルは自主学習で伸ばすのが難しく、スキルアップを実感しにくいため、なるべく有効な学習方法を取り入れたいものです。

そこで今回は、ディクテーションの効果や適切なやり方、おすすめの教材を紹介します。本記事を読んで適切なやり方や効果が高まるコツをつかめば、短期間でスキルアップを実感できるでしょう。「ディクテーションって本当に意味があるの?」という方もぜひ参考にしてみてください。

ディクテーションとは?

ディクテーションとは英語の学習方法のひとつで、聞き取れた英語を一言一句書き起こすトレーニングのことです。一般的にリスニングスキルを伸ばす学習方法として知られていますが、適切なやり方で行えば英語力全体のスキルアップにもつながります。

ディクテーションは意味がない?

なかには「ディクテーションは意味がない」と考える方もいらっしゃるかもしれません。たしかに適切な学習方法で行わないと、スキルアップにつながるまでに時間がかかってしまいます。

しかし、ディクテーションは聞き取れない部分やうまく発音できない部分が明確になるため、英語の勉強の一環として取り入れる価値は充分にあります。確実に英語力を伸ばすためには、適切な手順や効果的なやり方を知ることが大切です。

「なるべく短期間でスキルアップを実感したい」という方は、本記事で紹介するディクテーションの手順や効果を高めるコツをぜひ実践してみてください。

ディクテーションで得られる効果

ディクテーションで得られる効果はリスニングスキルの向上に加えて、苦手分野の克服や英語力全体の底上げが期待できます。ここからは、ディクテーションで得られる効果を詳しく紹介するので、自分の求める効果が出る学習方法か判断する参考にしてみてください。

リスニングスキルが向上する

ディクテーションは一言一句書き起こせるまで何度も英語を聞くため、リスニングスキルの向上に効果的です。普段はわかったつもりになって聞き逃していた文章も、集中して聞く習慣が身に付きます。

また、繰り返し聞くうちに英語特有の音のつながりや変化に耳が慣れるのも、リスニングスキルの向上に寄与します。聞き取れなかった箇所の原因を追求し対策をとれば、さらにリスニングスキルは高まるでしょう。

苦手な分野が明確になる

ディクテーションを通して、英語の苦手な分野を明確にすることも可能です。英語が聞き取れずに書き起こせなかった部分には、何かしら原因があります。例えば、英単語や文法の知識が不足している場合や発音のルールがわからない場合などが挙げられるでしょう。

ディクテーションでは原因を分析して対策を考える工程が必要なので、自然に自分の苦手分野に気づけます。ただ、聞き取れなかった原因の分析を怠ると、苦手分野は明らかになりません。「単語の知識が少ないのか」「英語の聞き取りが苦手なのか」などの原因を分析し、苦手分野を必ず洗い出しましょう。

英語力全体の底上げにつながる

ディクテーションを行えば英語力全体の底上げにもつながります。ディクテーションでは英語を聞き取るだけでなく、書き起こす工程も必要です。そのため、繰り返し英文を作ることで、ライティング力が上がります。

また、聞き取れなかった部分を前後の文脈から予測したり、次に読み上げられる単語を想像したりする推測力も身に付きます。推測力はリーディングやスピーキングに必要なスキルです。このように、リスニング以外の英語の能力もアップするので、英語力を全体的に底上げしたい人にもおすすめの学習方法です。

ディクテーションのやり方

ディクテーションは適切なやり方で行わないと、スキルアップの効果を感じにくいと言われています。例えば、聞き取りを一回で諦めたり聞き取れなかった原因を分析しなかったりすると、英語力はなかなか伸びません。

ここからは、ディクテーションの適切なやり方を紹介します。適切なやり方で行えば、スキルアップの効果が出やすくなるでしょう。

手順①音声全体を一通り聞く

まずは、音声全体を一通り聞いて、何について話しているか大まかな内容やテーマを把握します。話の大枠を知らないままでは、聞き取りと書き起こしを行うのは困難だからです。メモを取ったりテキストを見たりせず、耳を頼りに1~2回ほど聞くのがおすすめです。

手順②聞きながら書き起こす

話の大枠をつかめたら、早速聞きながら書き起こす作業に移ります。全文を一気に聞くのではなく、音声を文章単位で区切りながら聞いて書き起こします。単語単位や文章の途中で区切って聞いてしまうと、単語同士の音のつながりを聞き取る力や文法の理解につながりません。

また、パソコンやスマホで書き起こす場合は、予測変換により英語のスペルを覚えているかの確認ができない可能性があります。スペルの確認をしたい方は、手書きでの書き起こしがおすすめです。

手順③全体チェックと答え合わせをする

すべて書き起こしできたら、答え合わせをする前に全体のチェックを行います。スペルミスや文法の間違いなどがないか一通り確認し、何度も同じ間違いをしないように対策しましょう。

全体のチェックが終わったら、スクリプト(原稿)で答え合わせをします。聞き取れなかった部分はもちろんのこと、間違って書き起こした箇所やスペルミスなどがないかも忘れずに確認しましょう。

手順④聞き取れなかった原因を分析する

最後に聞き取れなかった原因を分析します。原因の分析は、英語力を伸ばすために最も大切なステップと言っても過言ではありません。英語が聞き取れない原因は、主に以下のケースが挙げられます

  • 知らない英単語が多い
  • 文法の理解が足りない
  • アクセントの理解が不足している
  • 英語特有の発音やつながりを知らない
  • スピードに追いつけなかった

聞き取れなかった原因を追求すると、自分の苦手分野が明確になります。弱点を克服するために必要な学習を取り入れ、リスニングスキルを含めた英語力全体の向上を目指しましょう。

ディクテーションの効果を高めるコツ

ディクテーションによるスキルアップを最短で実感したいなら、コツを押さえる必要があります。ここからは、ディクテーションの効果を高めるコツを紹介します。

基礎的な文法や単語の勉強から始める

ディクテーションを始める前に、基礎的な文法や単語の勉強から取り組むのがおすすめです。中学・高校レベルの英単語や文法の知識が頭に入っていない状態では、スムーズに学習を進められません。音声だけが頼りなので、英単語や文法の知識をもとにしながら書き起こす必要があるからです。

基礎的な文法や単語が頭に入っていないままディクテーションを始めてしまうと、全く聞き取れない自分に嫌気がさし、モチベーションが下がるかもしれません。学生時代に勉強した方も忘れている可能性もあるため、一度英単語や文法の復習を取り入れるのがおすすめです。

穴埋めではなく全文を書き起こす

ディクテーションは、穴埋め形式ではなく全文を書き起こす方法がスキルアップに効果的です。テキストによっては、穴埋め形式で聞き取れた部分を書き起こすタイプもあります。穴埋め形式を学習の導入として取り入れるのは問題ないですが、どうしても空欄部分に意識がいき、文章そのものを理解する力が伸びません。

一方、全文を書き起こす方法は文章全体の構成や文法を学べるため、穴埋め形式よりも英語力のアップに効果的です。初めは「全文を書き起こすのは難しい」と感じるかもしれませんが、易しいレベルの教材から挑戦してみましょう。

勉強しやすい教材を選ぶ

ディクテーションの教材は、自分の知らない単語や文法が多く含まれるレベルを選ばないことが大切です。また、音声の長さは、1回につき30秒から1分程度と短いのがおすすめです。最初は難易度が低い教材を使って、慣れることから始めましょう。あわせて、答え合わせができるスクリプトが付いているかもチェックしてください。

教材を購入する前に、無料で使えるアプリやYouTubeなどを使ってみるのもおすすめです。自分のレベルに合う教材を見つけることが、楽しくディクテーションを続けられ、短期でスキルアップを実感するコツです。

音読やシャドーイングをあわせて行う

ディクテーションとあわせて、音読やシャドーイング(流れてくる音声に続けて音読する)を取り入れるのも効果的です。特に英語特有の音のつながりや変化、リズムに慣れていないことが原因で聞き取れない場合は、音読やシャドーイングで実際に発音するのがおすすめです。

実際に話すことで正しい発音の理解が深まり、効率的にリスニングスキルを伸ばせます。同時にスピーキングスキルも身に付くため、「英会話ができるようになりたい」という方は音読やシャドーイングもぜひ取り入れてみてください。

聞き取れなかった原因にあわせて対処法を考える

ディクテーションでは、聞き取れなかった原因を分析する工程が大切です。ところが弱点ごとに正しい対処法を取らなければ、英語力はなかなか向上しないでしょう。以下の表に聞き取れなかった原因別の対処法をまとめたので、短期間でスキルアップを実感したい方はぜひ参考にしてみてください。

聞き取れなかった原因 対処法
単語や文法の知識不足 単語の暗記や文法の学び直しを行う
発音の聞き取りに慣れていない 発音のルールを学んだり、実際に自分で発音したりする
スピードに追いつけない 簡単な教材に変え、シャドーイングを取り入れる

原因別に応じて適切な対処法を取り入れると、苦手分野の克服につながり英語力全体を底上げできます。

ディクテーションの注意点

ディクテーションを行う際は、いくつか注意点があります。スキルアップを実感するためには継続することが大切なので、モチベーションが下がるような学習方法は避けましょう。

聞き返すのは最大でも10回にとどめる

ディクテーションは書き起こせるまで何度も聞き返すのが基本ですが、多くても10回程度で切り上げましょう。何度も聞いて書き起こせないところは、回数を重ねても聞き取れない場合が多いからです。時間だけが過ぎてしまいストレスも溜まってくるので、5回ほどを目安にするのがおすすめです。

いきなり長時間行わない

ディクテーションは、書き起こせるまで同じ音声を何度も聞き返すため、根気が必要な作業です。また、慣れていないほど時間がかかるため、初めの頃は短い音声でさえも苦労します。

いきなり長時間ディクテーションを行うと、脳に負担がかかって疲れてしまうでしょう。モチベーションが下がる原因にもなるため、なるべく短い音源を選び、毎日30分を目安に続けるのが大切です。

ディクテーションだけをやり続けない

ディクテーションだけをやり続けても、目に見えるスキルアップが実感できない場合もあります。なぜなら、聞き取れなかった原因の分析や、弱点を克服するための学習を怠ってしまうと、大幅にスキルが上がることがないからです。

また、場合によっては「一言一句聞き取らないといけない」という思い込みが生まれてしまい、リスニングに苦手意識をもつこともあります。ディクテーションに限らずですが、英語力はひとつの勉強法だけをやり続けるとスキルアップに限界がきます。まんべんなく学んだり苦手分野にあわせた学習方法を取り入れたりすることが大切です。

ディクテーションにおすすめの教材

次にディクテーションにおすすめの教材を紹介します。ディクテーション専用のテキストを使うと、適切なやり方が身に付き効率的にスキルアップできます。

ゼロからスタートディクテーション

「ゼロからスタートディクテーション」は、1日10分の書き取り学習プログラムで気軽に取り入れやすい特徴があります。短文や会話などさまざまな素材で学習でき、初心者でも勉強しやすい一冊です。TOEICなどのリスニング試験対策にも効果的です。

聞いて書きとる英語リスニング300問

「聞いて書きとる英語リスニング300問」は「読めるのに聞き取れない」という悩みを持つ方におすすめの一冊です。初級150問、中級100問、上級50問とレベル別の構成なので、徐々にレベルアップしながらリスニング力を鍛えられます。また、日本人にとって聞き取りにくいフレーズを中心に勉強できるのもうれしいポイントです。

究極の英語ディクテーションVol.1

「究極の英語ディクテーションVol.1」は発音と文法の2つのテーマで聞き取れない原因を分析できます。「自分ではどうして聞き取れないかわからない」という方でも、安心して学習できる教材です。また、早口の英語やなまりなど、聞き慣れない音声などにも挑戦できるので、応用力のアップも期待できます。

ディクテーションにおすすめのアプリ

最後にディクテーションにおすすめのアプリを紹介します。隙間時間を使って学習したい方や、スマホで手軽に学習したい方におすすめです。

スタディサプリ

「スタディアプリ」は、ディクテーションを含んださまざまな英語学習ができるアプリです。リスニングスピードの変更ができるので、自分のレベルにあわせた速さを選んで学習できます。発音チェックやシャドーイングもできるため、英語力全体のスキルアップを目指したい方におすすめです。

ディクトレ

「ディクトレ」は、ディクテーションに特化したアプリです。無料でありながらも、充実した問題数とていねいな解説に定評があります。音声の長さは短めなので、初心者の方にもおすすめできます。気軽にディクテーションを試したい方はぜひ詳細をチェックしてみてください。

まとめ

ディクテーションとは英語の学習方法のひとつで、英語を聞きながら一言一句書き起こすトレーニングのことです。リスニングスキルの向上だけでなく、苦手分野の克服や英語力全体の底上げが期待できます。ディクテーションを始める前に、適切なやり方と効果を高めるコツを把握して、短期間のスキルアップを目指してみましょう。

議事録の新しいカタチ。ミーティング参加者の会話をテキストで記録&翻訳

  1. 30ヶ国語対応のリアルタイム翻訳
  2. 外国人メンバーとの会話も格段にスムーズ&記録可能

1日50円からはじめられるAI GIJIROKUは、パーソナライズ機能が盛りだくさんで使えば使うほど賢くなっていきます。

AI GIJIROKUを今すぐ試してみる →
AI GIJIROKU

関連記事

その他 2022/09/23

聴覚障害者とのコミュニケーションで大切な3つのポイント!便利な支援ツールも紹介

聴覚障害者の方は、さまざまなコミュニケーション手段を活用しています。聴覚障害の方と接する機会がある方…

Company