Back
文字起こし 2022/11/17

Teamsのライブキャプションは字幕を表示可能!利用方法と注意点を解説

teams ライブキャプション

「Teamsで利用できるライブキャプションって何?」リモートワークが浸透し始め、Teamsの利用頻度が多い方はこのような疑問をお持ちではないでしょうか。今回は、Teamsの字幕表示機能「ライブキャプション」の使い方を解説します。ライブキャプション機能を使いこなして、Teamsの活用の幅を広げましょう。

Teamsライブキャプションとは?

Teamsのライブキャプションとは、会議中の発言をリアルタイムで字幕表示する機能です。音声が聞き取れない状況でも、ライブキャプションを利用すれば字幕から会議内容を把握できます。

Teamsライブキャプションの利用方法

Teamsでライブキャプションを利用する方法は、以下の通りです。

  1. Teams会議に参加した状態で詳細(三点リーダー)を選択する
  2. 「ライブキャプションをオンにする」をクリック
  3. 画面下に字幕表示が開始される
  4. 字幕の表示欄の右上にある詳細をクリック
  5. 音声言語を日本語に変更する

こちらの手順を踏めば、ライブキャプションを利用できます。

Teamsライブキャプションの注意点

Teamsライブキャプションには、いくつか注意点があります。快適に使いこなすために、あらかじめ注意点を押さえておきましょう。

字幕が表示されるのは自分の画面だけ

Teamsライブキャプションを使って字幕を表示できるのは、操作した本人の画面だけです。相手には表示されないため、自分の好きなタイミングで利用できます。ただ、各々操作が必要なため、字幕を表示したい参加者には、事前に使い方を共有しておきましょう。

会議後に字幕はダウンロードできない

ライブキャプションは、リアルタイムで字幕を表示できますが、会議後に文字起こしのデータを見返せる機能はありません。

文字起こしのデータをダウンロードして活用したいなら、Teamsの「トランスクリプション機能」を利用しましょう。トランスクリプション機能は、「Microsoft 365 Business Basic」と「Microsoft 365 Business Standard」のプランに加入すると利用できます。

会議が終わると自動的に終了する

Teamsのライブキャプションは、会議が終わると自動的に終了します。そのため、次の会議でも字幕を表示させたい場合は、再度オンにする手順が必要です。最初から字幕を見ながら会議に参加したいなら、ミーティングが始まったタイミングでオンに切り替えましょう。

まとめ

Web会議ツールの代表格「Teams」には、リアルタイムで字幕を表示させる「ライブキャプション」という機能が搭載されています。本記事で解説した使い方や注意点を参考に、あらゆるシーンでライブキャプションを使いこなしてみてください。

議事録の新しいカタチ。ミーティング参加者の会話をテキストで記録&翻訳

  1. 30ヶ国語対応のリアルタイム翻訳
  2. 外国人メンバーとの会話も格段にスムーズ&記録可能

1日50円からはじめられるAI GIJIROKUは、パーソナライズ機能が盛りだくさんで使えば使うほど賢くなっていきます。

AI GIJIROKUを今すぐ試してみる →
AI GIJIROKU

関連記事

文字起こし 2022/11/17

Google Meetの字幕機能を解説!日本語翻訳を行う2つの方法も併せて紹介

Googleが開発したWeb会議ツールのGoogle Meetには、発言した言葉を画面に表示させる字…

文字起こし 2022/10/25

英語の文字起こしが簡単にできる!作業のコツやおすすめ無料アプリ・サイトを紹介

「英語の文字起こしって具体的に何をするの?」「時間をかけないために必要なコツやおすすめのツールは?」…

Company